忍者ブログ
郁志摩と文月の二人がぽちぽち語りたいことを語る場所。 小説サイトの日記としての役割はどこへ消えたのか……。
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、文です。

テニプリゲーム版です。
これはちゃんとテニスしてます。

約一年ぶりに投稿してみます。
そして、記念すべき100投目!




とっても個人的は話をすれば
この感想で100投目になります。

約一年ほど時間があきました。

時が経てば、人は変わります。

以前「ラブスマッシュ!」の感想で超人テニス漫画は引くとか言っておきながら
最近、ジャンプを立ち読むとしたらこれだけです。


というわけで、テニスの王子様Smash Hit!2 です。


テニスの王子様といえば
美男子の中学生が超人的にテニスをする漫画です。

カラオケの曲一覧でアニメの項目「て」を見ると
「テニスの王子様」の曲数は圧倒的です。誰もが驚くはずです。

きっとみんなキャラソンなのでしょう。
それだけ、各キャラはたっているということです。

最近のゲーム化では、サバイバルしてみたり学園祭で王子になってみたり
カードゲームになってみたり、ときメモ風になってみたりと
多彩なジャンルに溶け込んでいます。
テニスはどうした! とつっこみたくなるほど大忙しの彼らです。

が、このSmash Hit! シリーズでは
本業のテニスをばりばりやってくれます。
自分でも動かせます。自分で打てるのですよ。
ツイストサーブも、ツバメ返しも、手塚ゾーンも!

操作性も抜群です。
自分でテニスを打てるシリーズで言う次回作
「最強チームを結成せよ!」より操作性はいいです。
演出面ではさすがに劣りますけどね。

わりと簡単に打てるのですよね。
基本〇と×しか押しませんし、それぞれが弱ショットと強ショットになっているだけです。
適当に走ってボタン押していればラリーは続きます。

わたし、動くゲームは苦手なのー
でも不二君カッコイイしー
みたいな人でも安心です。

「基本」以外の操作では
Rボタンをたまに押します。

これこそ、このゲームの特徴
必殺技ボタンです。

条件が揃うと、顔アイコンの隣の〇×ボタンが光ります。
その時に、Rボタンとそれを押せば
カッコイイ掛け声とともに、勝手に打ってくれます。
簡単です。波動拳が打てない人でも打てる必殺技です。お手軽ですねぇ。

わたし、動くゲームは苦手なのー
という人でも安心です。

ありえないホーミングをしてから打ったり
球の軌道がありえなかったり
ありえない画面効果だったり

一緒に技にたいしてつっこみながらやる対人戦はなかなかおもしろいです。

総勢50名のキャラは
それぞれなかなか個性的な必殺技を使います。

他にも、テクニック、スタミナ、パワー、メンタル、フットワークなどの能力値もそれぞれに設定されています。

パワータイプとフットワークタイプの戦い、など
様々な組み合わせによる戦いがあるので
想像以上に、試合を繰り返すことに対して飽きがきません。

今まで、どうしてもテニスゲームというと地味なイメージしかありませんでした。
その欠点を、テニスの王子様という版権を使うことにより、見事に払拭しています。

キャラゲーとして、理想の形と言うべきでしょう。

超人ではないテニスゲームもやったことはあります。
それと比べて、例え原作を知らなかったとしても
キャラの多さと必殺技の多さから
こちらのほうがゲームとして面白いと感じたと思います。

必殺技を使ってポイントを決めるのも気持ちいいですし
相手の必殺技をうまく攻略したときも気持ちいいですし
テンションゲージが上がって必殺技を打ちまくれる状態になったときの
必殺技を必殺技で返すような展開には、燃えます。


「テニス」
という題材を、ゲームという場で、見事にエンターテインメイトに昇華させていると感じたわけです。


試合以外では
ペアというモードもあり

パワプロのような育成シミュレーションができます。

好きなキャラ二人を選んでダブルスの大会に出るというものです。

これも、コナミなだけあり
パワプロ的に、育成シミュレーション的に、おもしろいのですよ。

経験値を獲得して
それを基礎能力か必殺技習得に消費していくという流れです。

このキャラがこれを使えたら
的な願望も叶えられます。

あんまりテニス的にはパッとしない壇君だって
ツバメ返しに波動球、ツイストサーブに零式ドロップを打てるようになったりするわけです。

ペアモートでは「友情技」なるものもあり
練習によってあげた友情度によって出しやすくなったりするようです。

友情度……色々と想像をかきたてられる単語ですよね。
ペアですし、友の字を愛の字に変えたくなるような方々には
想像の種にもなるのではないでしょうか。


このゲームに登場するキャラは50名です。
原作で言うと関東大会くらいのメンバーなのでしょうか。

ジャンプの漫画はインフレします。
テニスの王子様も例外ではありません。

今連載中の全国大会では
Smash Hit! も可愛く見えてくるくらいの超人ぶりを発揮しています。

もっとインフレしていていっぱいキャラが出てくるテニスゲームが出たら……
と、久しぶりに本気で次回作に対して夢を抱いたソフトでした。

学園祭もサバイバルもときメモもいいかもしれませんが
たまには、テニスもしてくださいね。王子様。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 Edaline]
[09/07 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/28 来音]
[08/28 文月水無]
[08/27 来音]
[06/01 文月水無]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
郁志摩with文月
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
ゲームとか
自己紹介:
郁志摩と文月です。二人です。
更新頻度の少なさをカバーしようと共同サイトを運営することにしました。
バーコード
ブログ内検索