忍者ブログ
郁志摩と文月の二人がぽちぽち語りたいことを語る場所。 小説サイトの日記としての役割はどこへ消えたのか……。
[57] [56] [55] [53] [52] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読んでから時間が経つと感想書きにくくなって
面倒になって更に記憶が薄れていくという罠にハマりやすい文です
どうもごきげんよう

今回は結構前に読んだ
えむえむっ!(MF文庫)についてつらつらと

タイトル通り
M的性癖を持つ主人公のお話です
レーベル名は
えむえふっ!
ですけど

今では二巻も出てますし
それなりに人気なのでしょう


実際、私も楽しく読めた記憶があります

いわゆるツンデレキャラをはじめとして
攻撃的、高圧的なヒロインは数多くいらっしゃいますが

それらの行為を心底喜ぶ主人公はそれほど多くはないのではないのでしょうか

「ぶたろう」
をはじめとする罵倒句にもだえ
飛んでくる野球ボールに対して
ぶつかりたい、でも死んでしまう
という葛藤をしたり
主人公のマゾっぷりは徹底しています

本来の「マゾヒスト」という言葉が
どの程度の人を指しているのかはわかりませんが

その言葉を聞いて想像する通り、時にそれ以上のもだえっぷりは見ていて楽しいです
たまに頷いてしまったりとかもしたり


話的には大きく二話で
一話は一目惚れを発端にする友情物語
二話はヒロインのトラウマと主人公のマゾとしての目覚めを中心に据えたお話

ヒロインの一人は男性恐怖症という設定ですが
そうなった成り行きがよく聞くような気がするもので
それゆえラノベにしては現実味を帯びているように思えました

原因と戦うことになる主人公ですが

クライマックスのかっこよさはなかなかのものでした



ヒロイン級のキャラは
石動(サディスティック)
結野(男性恐怖症)
先生 


シホリ姫(一目惚れ)



家族はあんまり話に絡んできませんが

私のお気に入りは姉キャラでした
こんな私でごめんなさい
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 Edaline]
[09/07 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/28 来音]
[08/28 文月水無]
[08/27 来音]
[06/01 文月水無]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
郁志摩with文月
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
ゲームとか
自己紹介:
郁志摩と文月です。二人です。
更新頻度の少なさをカバーしようと共同サイトを運営することにしました。
バーコード
ブログ内検索