忍者ブログ
郁志摩と文月の二人がぽちぽち語りたいことを語る場所。 小説サイトの日記としての役割はどこへ消えたのか……。
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [137] [138]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

落ちこぼれ勇者文月水無に、賢者郁志摩は聞きました。
「汝、オタクであり続けたいか?」
文月は考えました。
自分はなんなのだろう。
オタクからはオタクじゃないと言われ、一般人にはオタクと言われる。
どうせなら自分はオタクと仲間でいたい。
そこで答えます。
「はい、わたしはオタクであり続けたいです」
「そうか。ならば、レベルを上げるしかあるまい。そう、聖地秋葉原へ行ってくるのだ」
文月は思いました。たしかにあそこへ一人で旅立てば、レベルが上がるかもしれない。
「わかりました。ならば行ってきます!」
勢いよく飛び出そうとした文月を郁志摩は呼び止め言いました。
「なら、あの同人ゲー買ってきて」


ひでぇ。そんなことを思いつつ、レベル上げのためのパシリをこなす文月。
聖地には、アスカがいました。そーりゅーあすからんぐれーさんです。




文月は少しだけ貢ぎました。
アンタバカァ?と言われました。
シンクロしました。暴走しました。二回暴走しました。
魂のルフランを三回聞きました。残酷な天使のテーゼを一回聞きました。心よ原始に戻れを一回聞きました。
貢いだ以上のお返しがきました。

深い意味はないですよ。


とまぁ、今日は昼間っから秋葉原に一人行ってきました。文です。

同人臭いゲームを買おうと思って行ったのに
結局おつかい以外のものは買いませんでしたよ。

それなのに……。まぁいい。勝ったんだ。


自分もう18歳なんだよなぁ
と思いつつ
18禁のものを買えません。

ヘタレです。


近所のゲーマーズには特典ついていたのに
秋葉原にはないものがありました。残念でした。

勝ったのにちょっと負けた気がした文月でした。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 Edaline]
[09/07 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/29 来音]
[08/29 文月水無]
[08/28 来音]
[08/28 文月水無]
[08/27 来音]
[06/01 文月水無]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
郁志摩with文月
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
ゲームとか
自己紹介:
郁志摩と文月です。二人です。
更新頻度の少なさをカバーしようと共同サイトを運営することにしました。
バーコード
ブログ内検索